| ホーム |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告
二輪関連の社章やバッチ特集(国内編)

小さなバッチに刻まれたメーカーのロゴ、七宝で描かれた美しい色。

img1.jpg今回は国内の二輪関連の社章、ピンバッチを特集しようと思います。海外のピンバッチもさることながら国内にも素晴らしいピンバッチが数多く存在している。社員が襟に付けた社章、販売店代表が会合などに付けて行く物、バイクを買って付いてきた物、懸賞品など、様々な形で世に出回ったこのバッチ。今回は社章、バッチの紹介と共にそのメーカーの説明もふまえてこの特集を進めて行こうと思います。

まずは私が古いピンバッチに興味を持つようになった切っ掛けについて話そうと思う。それは10年程前の話、私がLondonに留学中にイギリス人の友人に見せられた一枚の革ジャンが始まりだった。その革ジャンには丸い布製のパッチが肩から袖にズラッと並び、背中には剥がれかけたTriumphの文字、茶色く光るスタッズ、そして一際目立ったのが胸の辺に光る30個以上はあったであろうピンバッチの数々。その革ジャンはよそ者を寄せ付けない威圧感を放ち、その迫力は異様な物であった。そんな迫力に押されている私に友人がその数あるピンバッチの中からコレがお気に入りだと指刺した物があった。それは『Brands Hatch』と書かれた丸い小さなピンバッチ。シンプルで斬新なデザイン。3色の七宝がバランスよく配置されており、その良さが当時素人であった私にもわかった。私の中で変な収集癖が目覚めた瞬間であった。
>>二輪関連の社章やバッチ特集(国内編)の続きを読む
スポンサーサイト
2007/09/16(Sun)07:38 | 特集ギャラリー
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。